実際に肌が変わった
画像

「肌を変える」なんて、美容整形などで、ピーリング等でお肌の表面を物理的に変えてしまわない限り、ムリかもと思っていませんか?
でも私は、実際にここまで肌が変わりました。

 

↓化粧品を変える前↓

↓現在↓

個人差はあると思いますが、私の肌も化粧品でこれくらいまで変わりました。
肌の印象を変える一番の要素は、「肌に潤いがあるか」ということです。
「保湿」とか「乾燥しないようにする」とかいうのは、さんざん言われていますが、
化粧品でその保湿がうまくできないから悩んでいるわけですよね。。。

 

それもそのはず、化粧品の多くは、「保湿剤」という肌の表面を潤わすだけの成分でできているものも多いんですね。
でも肌を変えるには、自分自身の肌で水分を蓄えることができる肌にしないと、「潤った肌」にはなりません。
それには肌の奥でしっかりと保水できる状態を作ること、肌の奥から肌を変える必要があります。
そんな肌の奥から変えられる化粧品を選ぶ必要があるんですね。

 

私の実感では、やはり肌を変える力が一番あるのは、化粧品の中でも「化粧水」かなと思います。
特に化粧水は肌への浸透しやすいことで肌が変わる実感があると思います。

 

 

>>肌が変わる化粧水のランキングはこちら<<